Laraval 5 による開発の手順 #5

誰でもユーザ登録できる機能を削除する

私が作りたいものは、管理者が設定した会員だけが利用するシステムです。

Laraval 5 による開発の手順 #4 までに作成したものには “Register” メニューがあるので、それを削除します。 UI の見た目だけなくて、コントローラも削除します。

それから、ログインしていないときに表示するページはログインページでいいです。 welcome ページからログインページへの遷移はなくしたいです。 welcome ページは削除します。

まず、以下のファイルを削除します。

app/
  Http/
    Controllers/
      Auth/
        RegisterController.php
        VerificationController
resources/
  views/
    auth/
      register.blade.php
      verify.blade.php
      welcome.blade.php

トップページ / は welcome ページではなく、ログイン後に表示される home ページにします。 そのため、まず web.php

Route::get('/', function () {
    return view('welcome');
});

を削除して、

Route::get('/home', 'HomeController@index')->name('home');

Route::get('/', 'HomeController@index')->name('home');

に変更します。

それから LoginController.phpResetPasswordController.php

    protected $redirectTo = '/home';

    protected $redirectTo = '/';

に変更します。

追記(2018/10/07):ここから

また、 /app/Http/Middleware/RedirectIfAuthenticated.php の

        if (Auth::guard($guard)->check()) {
            return redirect('/home');
        }

        if (Auth::guard($guard)->check()) {
            return redirect('/');
        }

に変更します。

追記(2018/10/07):ここまで

“Register” メニューのリンクは app.blade.php にあるので、

      <li class="nav-item">
          <a class="nav-link" href="{{ route('register') }}">{{ __('Register') }}</a>
      </li>

を削除します。

これで、誰でもユーザ登録できる機能が(たぶん)完全に無くなります。 もともと “Register” メニューに設定されていた URL を直接指定してもエラーになります。

テスト用のユーザを追加する

まだ管理者がユーザを登録する機能を作っていないので、 Laravel 5 の Seeding 機能を利用して local の環境に限りテスト用のユーザを追加できるよにします。

php artisan make:seeder LocalSeeder

で local 環境用の LocalSeeder.php を作成し、 DatabaseSeeder.php から以下のように呼び出します。

        // for local test.
        if (App::environment('local')) {
            $this->call(LocalSeeder::class);
        }

.envAPP_ENV=local が設定されている場合、次のコマンドでデータベースを初期化して local 用のテストデータを入れてテスト用サーバを起動することができます。

php artisan migrate:refresh --seed
php artisan serve

APPENV=stagingAPPENV=production の場合は LocalSeeder.php は無視されます。

日本語化する

ログインやパスワード変更に関係するページの日本語化は以下の2ファイルでできます。

resources/
  lang/
    ja/
      passwords.php
    ja.json

resources/lang/ja.json のことは Laraval 5 による開発の手順 #3 に書き忘れていたので追記しておきました。

パスワードリセットのために送信するメールのカスタマイズについては Modify Password Reset Email Text In Laravel を参考にしました。

まず、次のコマンドでカスタマイズのためのクラスを追加します。

php artisan make:notification MailResetPasswordNotification

パスワードリセットのメールのテンプレート /vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Notifications/resources/views/email.blade.php を見ながら MailResetPasswordNotification.phppublic function toMail($notifiable)resources/lang/ja.json に メールの件名と本文のカスタマイズ内容を記載します。

メールの送信元は .env に以下の2行を追加すると変更できます。

MAIL_FROM_ADDRESS=info@abc.def
MAIL_FROM_NAME=Tamuro

そして、 パスワードリセット時に MailResetPasswordNotification を使ように app/User.php のスーパークラスのメソッドをオーバーライドする処理を追加します。

    public function sendPasswordResetNotification($token)
    {
        $this->notify(new MailResetPasswordNotification($token));
    }

Laraval 5 による開発の手順 #2 に掲載した手順で Mailtrap.io のアカウントを設定し、 テスト用サーバを起動して「パスワードを忘れた場合…」 からパスワードリセットメールを送信すると、 Demo inbox で HTML と Text それぞれの送信内容を確認できます。

今回カスタマイズしたメールの文面は後ほど作成する管理者からの招待メールも兼ねる予定なので、 パスワードの「再設定」ではなく「設定」という表現にしました。


ここまで作ったものは https://github.com/MichinobuMaeda/tamuro.git のタグ startlaravel5 です。チェックアウトの手順は Laraval 5 による開発の手順 #2 の末尾をご参照ください。 チェックアウト済みであれば

git pull
git checkout tags/startlaravel5

としていただければいいです。


Laraval 5 による開発の手順 #6 に続く。

This website uses cookies for visitor traffic analysis. By using the website, you agree with storing the cookies on your computer.More information
  • dialy/startlaravel5.txt
  • 最終更新: 2018/10/15 01:00
  • by michinobu