Windows 10 で Laravel を開発する

私自身は「おうちにかえってからは Windows なんか見たくない」と言って Mac を使っているのですが、 世の中そんな人ばかりではないので Windwos 上で Laravel を使う開発の環境を準備する手順を確認してみました。

エディタ

エディタは Mac で使っているのと同じ Visual Studio Code にします。 ダウンロードページを見ると User Installer というものがあるんですね。 仮想デスクトップ等との関係かな。 https://code.visualstudio.com/Download から VSCodeUserSetup-x64-1.30.1.exe をダウンロードしてインストールしました。 オプションは自分の好みで下図の選択だけ、あとはデフォルトです。

Windows 版の場合、コンソールの表示は [Ctrl]+@ ですが、 PowerShell がデフォルトですね。右下に

のような表示が出るので、そこで設定を変更できます。また

File –

> Preferences --> Settings --> Features --> Terminal

Integrated > Shell: Windows でも変更できます。 コマンドプロンプトの場合は C:\Windows\System32\cmd.exe PowerShell の場合は C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe です。

PHP

PHP は https://windows.php.net/download#php-7.2 から ZIP 圧縮されたバイナリをダウンロードして C:\php に解凍します。 開発環境は Thread Safe 版でいいでしょう。今回は php-7.2.13-Win32-VC15-x64.zip を使いました。

環境変数 PATH に C:\php を追加し、 C:\php\php.ini-development をコピーして C:\php\php.ini を作ります。 C:\php\php.ini の中を見ると拡張モジュールがすべて無効になっています。 以下のようなものをコメント外して有効にすればよいと思います。

extension=bz2
extension=curl
extension=fileinfo
extension=gd2
extension=gettext
extension=gmp
extension=intl
extension=ldap
extension=mbstring
extension=exif
extension=openssl
extension=pdo_mysql
extension=pdo_pgsql
extension=pdo_sqlite
extension=shmop
extension=xmlrpc
extension=xsl
index.php
<?php phpinfo(); ?>

のようなファイルを作ってそのフォルダに CD して

php -S localhost:8000

を実行して、ブラウザで http://localhost:8000 が表示できれば OK です。

phpunit のために xdebug というモジュールが必要なので、 xdebugをwindowsのphpに設定する方法で悩んだ件 を参考に導入しました。 php -i の実行結果を https://xdebug.org/wizard.php に貼り付けて分析してもらうと、

Instructions
Download php_xdebug-2.6.1-7.2-vc15-x86_64.dll
Move the downloaded file to C:\php\ext
Edit C:\php\php.ini and add the line
zend_extension = C:\php\ext\php_xdebug-2.6.1-7.2-vc15-x86_64.dll

と結果が出るのでその通りにします。 zend_extension の設定の追加は、上記の extension の後が無難そうです。

composer は https://getcomposer.org/download/ から Composer-Setup.exe をダウンロードしてインストールします。 PATH が通っているところにある php.exe を自動検出して設定してくれます。

コマンドプロンプトで composer を実行して Version と Usage が正常に表示されることを確認します。

git

git の GUI ツールはたくさんありますが、どれがいいかよくわからないのでとりあえず本家サイト https://git-scm.com/download/win から Git-2.20.0-64-bit.exe をダウンロードしてインストールしました。 デフォルトの設定を変更したのは改行コードの扱いだけです。

その他

テスト用に SQLite を使うので、 DB Browser for SQLite をインストールしました。

Windows 10 は標準の ssh クライアントがあるのですね ( Windows10標準のSSHクライアントを使ってみた ) 。ssh-keygen も入っていました。

C:\Users\michi>ssh-keygen
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (C:\Users\michi/.ssh/id_rsa):

ssh-agent はサービスとして常駐する形になります。 サービス “OpenSSH Authentication Agent” ( ssh-agent ) を自動実行するように設定して開始すれば ssh-add コマンドが使えるようになります。

サービスの設定をデフォルトに戻す手順は http://batcmd.com/windows/10/services/ssh-agent/ です。

Laravel のプロジェクトを作ってみる

こんな感じで問題なくできました。

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel blog
cd blog
php artisan serve

Tamuro のソースを入れてみる

こんな感じで問題なく動きました。

PowerShell の場合

git clone https://github.com/MichinobuMaeda/tamuro
cd tamuro
composer install
Copy-Item .env.local .env
New-Item storage\tamuro.sqlite -ItemType File
php artisan list
php artisan migrate:refresh ; .\vendor\bin\phpunit --coverage-html coverage
php artisan migrate:refresh --seed ; php artisan serve --host localhost --port 8000

CMD.exe の場合

git clone https://github.com/MichinobuMaeda/tamuro
cd tamuro
composer install
copy .env.local .env
どうにかして 0byte の storage\tamuro.sqlite を作る。
php artisan list
php artisan migrate:refresh && .\vendor\bin\phpunit --coverage-html coverage
php artisan migrate:refresh --seed && php artisan serve --host localhost --port 8000
This website uses cookies for visitor traffic analysis. By using the website, you agree with storing the cookies on your computer.More information