ユーザ用ツール

サイト用ツール


dialy:laravelchangeloginurl

Laravel のログインページの URL を変更する

Laravel で作成中のサイトにログイン方法を選択するページを追加して、 そのページが最初に表示されるようにしようと思ったのですが、 そのあたりはフレームワークが提供する機能で設定されていて、 どこを変えたらいいのかよくわかりません。 とはいえ、同じことを考える人はいるだろうとぐぐってみたらいました。

Laravel 5.4 change login url

やり方としては2通りあります。どちらもこのページに出ています。

Route を個別に定義する

フレームワークが用意しているルートは routes/web.phpAuth::routes(); で一括で指定しているのですが、これを消して

Route::get('`myNewLoginPageYay/', 'Auth\LoginController@showLoginForm')->name('login');

のように個別に定義すればよいとのことです。

私が作成中ものはクローズドな会員向けのサイトなので、 Auth::routes(); だと不要なルートが設定されていますから、 ついでにいらないものを決しておくことにします。

Route::get(
  'login/password',
  'Auth\LoginController@showLoginForm'
)->name('login');
Route::post(
  'login/password',
  'Auth\LoginController@login'
);
Route::post(
  'logout',
  'Auth\LoginController@logout'
)->name('logout');
Route::get(
  'password/reset',
  'Auth\ForgotPasswordController@showLinkRequestForm'
)->name('password.request');
Route::post(
  'password/email',
  'Auth\ForgotPasswordController@sendResetLinkEmail'
)->name('password.email');
Route::get(
  'password/reset/{token}',
  'Auth\ResetPasswordController@showResetForm'
)->name('password.reset');
Route::post(
  'password/reset',
  'Auth\ResetPasswordController@reset'
)->name('password.update');

認証前のリダイレクト先を変える

app/Exceptions/Handler.php

    public function unauthenticated($request, AuthenticationException $exception)
    {
        return redirect()->guest(route('name'));
    }

のようなコードを追加すると AuthenticationException を拾ってくれるそうです。

このウェブサイトはクッキーを使用しています。 Webサイトを使用することで、あなたはあなたのコンピュータにクッキーを保存することに同意します。 また、あなたはあなたが私たちのプライバシーポリシーを読んで理解したことを認めます。 同意しない場合はウェブサイトを離れてください。クッキーに関する詳細情報
dialy/laravelchangeloginurl.txt · 最終更新: 2019/01/01 19:57 by michinobu