ユーザ用ツール

サイト用ツール


dialy:gitlabcicddockernodefirebase

Firebase の CI/CD 用の Docker を作る

先日買った Chromebook の Debian に Docker Engine を入れてみたら普通に動きました。

久しぶりに Docker でなにか作ってみようかと、 Firebase のアプリを GitLab の CI / CD するコンテナを作りました。

これまでは GitLab の公式のガイドに載っていた rambabusaravanan/firebase を使っていたのですが、アップデートの頻度がもひとつなので自分でメンテできるようにします。

作ったものは https://hub.docker.com/repository/docker/michinobumaeda/firebase-tools に置いてます。

Dockerfile は 3行しかありません。

FROM node
RUN npm i -g n && n 10
RUN npm i -g eslint firebase-tools jest

1行目: Node.js の公式イメージをベースにします。

2行目: 公式イメージは最新のバージョンで Firebase のデプロイで使うには新しすぎるので、 n で node 10 にします。ベースイメージのバージョンを指定するよりこっちのほうが楽だし後で変えるのも簡単。

3行目: 必要なツールを追加します。

これを最新にするにはイメージをキャッシュ無しで再ビルドすればいいはず。 後日 firebase-tools のアップデートが出たらやってみます。

このウェブサイトはクッキーを使用しています。 Webサイトを使用することで、あなたはあなたのコンピュータにクッキーを保存することに同意します。 また、あなたはあなたが私たちのプライバシーポリシーを読んで理解したことを認めます。 同意しない場合はウェブサイトを離れてください。クッキーに関する詳細情報
dialy/gitlabcicddockernodefirebase.txt · 最終更新: 2020/07/11 23:19 by michinobu